総量規制って結局何のこと?カードローンで覚えておくべき知識

カードローンを利用するときは。総量規制という言葉を覚えておかなければいけません。総量規制を知らなければいつの間にか多重債務者になっていたり、いきなりお金が借りられなくなったりと計画が損なう可能性があります。

 

いざというときに借入できなくなってしまうと、急に生活費がピンチになったりしてしまうかもしれません。総量規制を知っておくことで、上手にカードローンと付き合えるようになるため必ず覚えておきましょう。

総量規制とは借入総額を制限する制度

総量規制とは、簡単にいうと借入総額を制限する制度のことです。この制度は法律で定められており、日本国内で必ず守ってくださいと決められているのでどのカードローンを使おうが会社を変えようが適用されます。

 

この総量規制とは「年収の3分の1」までの貸付しかしてはいけないですという内容になります。年収600万円なら200万円まで貸付OKですという内容になります。わかりやすい法律ですよね?

 

この総量規制は金融会社で情報交換されていたり、信用情報を照会したりなどして照らし合わされます。そして年収3分の1を超えそうになればカード会社から利用を停止されたりするため注意したほうが良いです。

 

総量規制は1社からではなく全体の借入で考慮されますので、全てのクレジットカードの利用やキャッシングの利用など含んだ金額で考える必要があります。

総量規制は多重債務者を減らすための制度

総量規制は多重債務者を生み出してしまうことや、カードローン会社の債権回収ができなくなる可能性を抑えるためにこの制度があります。特に無限に貸付できるのであれば、多重債務者が多く出てしまう可能性もあるため守るためにこの総量規制は制定されているといっても過言ではありません。

 

この総量規制を制定した後に、実際に多重債務者は減少したため実際に制定して効果があったと言えるでしょう。

銀行カードローンは総量規制対象外

この総量規制が適用されるのは、消費者金融カードローンが主に適用されます。

 

例えばプロミスやアイフル、SMBCモビットなど消費者金融が取り扱っているカードローンは総量規制対象内です。クレジットカードなども総量規制対象内になるので、クレジットカードの利用金額なども総量規制の対象と思ってもらって大丈夫です。

 

銀行カードローンはこの総量規制は対象外となりますので注意してください。例えば、三井住友銀行カードローンなどありますが総量規制対象外のため限度額の上限などはありません。これは1個差別化される要因でもあるので覚えておいてください。

 

銀行カードローンなどは、消費者金融と同じく契約や融資は手軽にできるので、1つ覚えておくのも手段だと思います。消費者金融カードローンでは金額が足りない人は、銀行カードローンを契約することをオススメします。

 

そのため銀行カードローンだけでなく、住宅ローンや車のローンなどもこの総量規制は関係ありませんので年収に関わらず借入ができるようになっております。