初めてのカードローンの使い方!手順や仕組みを解説

毎日の生活を送るために必ず必要になってくるのがお金です。

 

家計簿などはつけていますか?自分が生活でどのくらいのお金を使っているかを把握することは大切です。

 

生活に必要なお金は、主に固定費になります。固定費とは、家賃や光熱費など、毎月の変動が少なく定期的に支出する費用ですのこと。節約を考えるときもこの固定費を削ることがとても重要になります。

 

夏休みや年末年始などのイベントシーズンが重なるときは、何かとお金の出費も必要になってくるでしょう。特に普段からカツかつで生活をしている方は、急な出費などでお金を使うことを躊躇うことも多いでしょう。

 

そんな時こそ、カードローンがおすすめです。特にカードローンは30日間利息0円などお得にお金を借りることができるのでぜひ利用したほうが良いです。

カードローンの申し込みはどうしたら良い?

カードローンの申し込みは、スマホから完結できます。特に難しいこともなく記載されている流れのまま記載していけば完了します。

 

パソコンからでも申し込みはできますし、スマホでも申し込みができるので自分の得意な機械を使って申し込みが出来れば良いですね。もちろん街中にある店舗でも来店して契約はできますので、もしスマホやパソコンが苦手な方は来店型のカードローンを利用すれば良いでしょう。

 

スマホで申し込みをすれば24時間自宅で申し込みや契約ができるのでとっても簡単です。

 

 

Webからの申し込みは下記になります。

  1. スマホからWeb申し込み
  2. 必要事項の記入
  3. 書類審査
  4. 本審査
  5. 契約

 

上記の流れで契約まで完了できます。書類審査から本審査までは早いところで最短1時間以内で完了するカードローン会社もあります。

 

必要事項の記入漏れなどがあればその分時間がかかる可能性があるので、必要事項の記入は十分に注意してください。それと審査に通りたいからと虚無の情報を記載する方もいらっしゃいます。年収や職業など虚無の情報を申告すれば間違いなく審査落ちしします。

 

カードローン会社は信用機関に照らし合わせて紹介をするので必ずバレます。さらに一度虚無の情報をすると、信用を失くすため次回正式な情報を記入しても審査落ちするリスクがあります。

カードローンの限度額はどう決まる?

カードローンには利用できる金額がきまております。利用できる額は大きいほうがいいと思う方も多いでしょう。

 

カードローン申し込み時には、カード会社が借り入れと返済に関わる審査を行いますが、審査時に収入証明書類を提出した年収や給料を確認します。そしてその審査を元にどれだけの限度額を付与するかが決定します。

 

借入総額は「年収の3分の1」を超えることができません。貸金業法で貸付の上限割合が定められており、これを総量規制といいます。

 

総量規制は消費者金融カードローンが対象内になり、銀行カードローンは総量規制対象外になるので注意しましょう。この規制により希望する金額と限度額に乖離が見込まれる可能性もあります。総量規制はクレジットカードの枠も加味されるので十分注意してください。

カードローンの使い方について

カードローンの契約が完了したらキャッシュカードが郵送されます。カードローン会社によってはキャッシュカードは必要なく全てアプリ完結の場合もありますので、会社によって変わりますのでご自身の求めるカードローン会社で契約するようにしましょう。

 

カードローンの契約ができれば、コンビニATMや提携先ATMにてお金の借入が可能になります。使用方法もとっても簡単で、ATMで銀行からお金を借りるようにキャッシュカードを入れれば、借入の画面が出てきます。その場で借入したい金額を入力すれば問題なく借入ができます。

 

さらに振り込みサービスもあるので、指定の口座に借入したい金額を振り込んでくれるサービスもあります。消費者金融カードローンなら、最短1時間以内に振り込みもしてくれるので、スピード重視だったら消費者金融カードローン一択でOKです。

返済終了後は解約したほうが良いの?

カードローンの返済が終了しても解約する必要は特にありません。カードローンの契約を続けていれば必要な時にすぐに借入ができるメリットがあります。いつ急に出費が増えるかは分かりませんので、契約だけは続けておくといざって時に頼りになります。

 

さらに返済のときも、まとめて一括返済や繰上げ返済もできるので、早めに返済しおえてあとは予備としてカードローンを持っておくなどの選択肢もありです。