カードローンの在籍確認の流れについて解説

カードローンに申し込みをすれば必ず審査という項目があります。審査の過程であるのが職場への「在籍確認」です。申込者が本当にその職場に勤務しているかを確認するためのものです。ただ在籍確認自体は必ず実施するかは公表されておりません。特に在籍確認がなく審査も終わる可能性があります。

 

カードローン会社によっては、健康保険証で在籍確認をする会社もあるので特に気合を入れずにそんなものかくらいで望むようにしましょう。

在籍確認が必要な理由

在籍確認は何故審査で必要になってくるのか?その目的は、本人が申請した勤務先や住所などが正しいか確認する必要があるためです。

 

カードローン会社も返済能力があるか分からない人や返済できない人に貸付をするリスクを減らすためです。もし虚無の申し込み内容などあれば、問答無用で審査落ちするので審査に提出する情報は必ず間違いがないように注意しましょう。

 

また在籍確認のタイミングもカード会社によって様々です。すぐに在籍確認に入るカードローン会社もあれば1週間後くらいに実施されたりなどタイミングの違いもあるので気をつけましょう。

勤務先にはどのように電話がかかってくるのか?

在籍確認で気になる点として、
「勤務先の上司や同僚に内緒で大丈夫か?バレないのか?」が気になる人も多いでしょう。

 

カードローンの利用は家族や会社の同僚などにバレたくないですよね?在籍確認は同僚などの会社にバレる可能性もあります。ただし在籍確認を理由に100%バレる心配はありませんので安心してください。

会社にどのように電話がかかってくるの?

在籍確認は申し込みの時に、申告した勤務先に在籍しているかどうかを確認するためのものです。その確認方法は基本的に電話で行います。そのため契約する際には勤務先のなるべく本人につながりやすい番号を記載することをおすすめします。

 

もし、本人が電話に出ることができれば、特にそれ以上はなく在籍確認は終了となります。

 

例えば営業などで、「日中ほとんど外出しているので、勤務先にはいない」という人も、在籍している事実さえ確認できればOKです。本人以外が電話に出たとしても、「◯◯は外出しております」といった在籍していることがわかる返答であれば、勤務先に在籍していることと同じですので、確認が取れたとみなされます。

 

在籍確認を心配する人は多いようですが、特に焦る必要もなくそれほど心配する必要はないでしょう。

どのような電話の内容で来るの?

基本的には在籍確認は「個人名」や「銀行名」でかかってきます。そのためカードローンなどの名前は一切分からない状態で在籍確認してくれてます。個人名や銀行名のため、会社に電話がかかってきても特に不信感もなくスムーズに行ってくれます。

 

他の人が出たらどうしようなど心配事などもありますが、特に心配する必要もありません。銀行カードローンの場合は、銀行名で名乗ってくれるため同僚に聞かれても住宅ローンの申し込みをしていてなど回避する方法はいくらでもあります。

 

キャッシュカードや印鑑証明の確認の電話など、なんでも良いので銀行での用事事を1個作っておけば問題なく乗り越えられるでしょう。そこまで他人の電話を気にしていないので、在籍確認の電話だとバレる可能性は少ないです。

電話での在籍確認はなしにできるのか?

カードローンの電話での在籍確認はほぼあるため出来ないカードローンが多いです。

 

しかし、SMBCモビットは電話連絡なしを公式サイトでも掲げているのでどうしても不安だなという方は、電話連絡がなしのカードローンを選べば1つ不安点も消えることでしょう。

 

しかし在籍確認自体はどんな方法でも必ずあります。在籍確認をしなければ虚無の情報を勤務先に記載する人がいるからです。あくまで電話連絡を無しにするだけであり、保険証や身分証、給与明細などで勤務先が確認できるかの在籍確認にします。

 

そのため勤務先などの情報は多しく記載するように気をつけてください。虚無の情報や間違いがあればその場で審査落ちになってしまうので必ず2度チェックをしてから申し込みをするようにしましょう。