借金返済を柔軟に解決する方法

借金の返済は、返済先が1社ならそれほどトラブルにはなりませんし、返済も着実にできるでしょう。しかし、借入先が複数になってくると、返済日がいくつもあったり、月のご返済額が大きくなったりして負担も大きくなり、返済トラブルも起こりやすくなってしまいます。

 

ここでは、やってはいけない返済の仕方と、複数社からの借入をスムーズに返済するための方法を解説しますので参考にしてください。さらにおまとめ返済の方法も解説しますので合わせて確認してもらえればと思います。

返済のときにやってはいけないNG行為

借金は、借入時に決めた返済のペースを守り地道に返済していくしかありません。

借入先が複数の場合は絶対にやってはいけません。1つであったとしても注意しないと足元を救われる可能性があります。

 

1つ目は毎月の返済額を他社からの借入で返すことです。これは月々の返済が厳しいと手を出してしまう返済方法になります。結構やってしまう方も多いので注意が必要です。

 

2つ目は毎月利子だけを支払い返済したつもりになることです。今はあまり利子だけ返済するケースは少ないですが、返済方法を間違えると全然元本返していなかったなんてこともあり得ます。

月々の返済を他社から借りて返済する

借金の返済が苦しくなったとき、他社から借りて返済をするしか方法がないこともあるでしょう。生活費が苦しければ毎月の返済もあるため他社から借りる機会もあるでしょう。

 

しかし他社から借りて返済を繰り返せば借りている会社分、利子が発生するようになります。そのため1社から借りているよりも返済額が多くなるためゆくゆくパンクします。俗にいう自転車操業というやつです。この自転車操業に陥って仕舞えば、借金は限度額まで膨れ上がり何破産することになるでしょう。絶対にNGな返済方法になるので覚えておきましょう。

元金が減らない返済額にする

返済は無理のないペースで行うのが基本です。しかし月々の返済額を少ない設定方法にしてしまうといつまで経っても返済できません。元金が減らずに長期スパンでの返済になってしまうので、危ない返済方法になってしまいます。

 

例えば30万円を借りて、毎月5,000円ずつ返済するとします。この場合、最初の12ヵ月は、5,000円のうち元金返済は1,000円以下となり、なかなか元金が減りません。このペースで返済していくと、完済まで5年以上かかってしまうためいつまでたっても返済ができません。
中長期で見たときに急な出費がないとも限りません。そこで新たな借入を行った場合、いつまでも返済が終わらなくなってしまいます。

 

そうなってしまうと返済が終わらないことになりいつまで経っても返済できません。

借金をスムーズに返済する方法とは?

借入したお金をスムーズに返済していくためには下記が重要になります。

  1. 借入先や残高などを現状把握する
  2. 収支状況を把握する
  3. 借金の返済計画を立てる
  4. ボーナスで繰上げ返済をする
  5. おまとめローンを活用する

 

上記の順番がスムーズに返済しやすいでしょう。

特におまとめローンなら、借金を1本化できるため毎月の返済総額を抑えることができます。現在返済でいっぱいっっぱいの方は、おまとめローンを計画的に利用しても良いでしょう。