消費者金融ってどういう意味?どんな仕組みやメリットがあるのか解説

カードローンと聞くと頭に思いつくのは「消費者金融」という言葉ではないでしょうか。初めての方は、消費者金融業者に対して怖いイメージを持っている人も少なくありません。それに闇金と同じだと思ってる方もいると思います。そのため、カードローンそのものにも、あまり良くない印象を持っている人が多いでしょう。

 

しかし、現在の消費者金融業者は、法律にもとづいて融資を行っているため安心して借入ができます。国が法律で定めているので違法な貸付はできませんし、ルールも守られた状態で営業されております。借りすぎや多重債務が起こらないようなしくみができており、違法金利で貸付をする闇金業者とも異なります。

 

今回の記事では、カードローン消費者金融に関して記事にしていきますので参考にしてください。

消費者金融って何!?

消費者金融とは、個人に対して融資を行っている会社のことを指します。有名なところでは、プロミスやアコム、アイフルなどがありCMや広告でも見る機会が非常に多いと思います。

 

消費者金融は、貸金業法という法律で定められたルールのもと行っており、国が認めているルールの中で取引をするようにしております。そして国の認可も取得しているため、違法な金利での貸付や取り立てなどは行っておりません。昔のテレビでよく見た取り立ては現代では闇金ではない限り見ることはありません。

 

多くのカードローンはコンビニATMなどで借入ができるのでとっても便利に利用できます。

サラ金と闇金の違いは何か?

サラ金という言葉は聞いたことがありますか?

 

サラ金と呼ばれた企業は今でいう消費者金融です。サラ金=高い金利で貸付取り立ては怖い人が来るみたいなマイナスなイメージありませんか?昔はサラ金はそのようなイメージでありましたが、今ではサラ金は安心して借入できる企業に育っております。悪いサービスを提供することなく、国が認めたルールの中で安定して営業しております。

 

一方闇金という言葉も聞いたことがありますよね?

 

闇金は法定外の金利での貸付などがあるため恐れなくてはいけない金融機関です。CMや広告で見ている消費者金融なら安心ですので聞いたことがない金融業者は使わないように気をつけましょう。

消費者金融は安心安全な企業へと成長した

消費者金融はさまざまな理由で安心安全のサービスを提供することができるようになりました。

以前は悪いイメージを持たれている人も多かったですが、時代の流れでどんどんサービスは進化してお客様への価値提供を実現しております。

グレーゾーン金利が解決した

金利を制限する法律は、「利息制限法」と「出資法」の2つがあります。利息制限法で定められた金利の上限は、15.0%~20.0%。しかし、出資法に関しては、2010年の法改正までは、金利の上限が29.2%となっておりました。

 

その時は、利息制限法の上限金利を超える金利で融資をしても、出資法の上限金利(を超えなければ、刑事罰の対象とはなりませんでした。そのため、たくさんの消費者金融がギリギリのラインを攻めて貸付しておりました。これが、「グレーゾーン金利」です。

 

しかしその後、貸金業法の改正により、グレーゾーン金利は撤廃されました。現在は、最大でも20.0%となっています。また、「融資金額は最大でも年収の3分の1まで」という総量規制もあり、過剰な貸し付けができないルールとなっています。過剰な貸付ができないので破産者や多重債務者も生まれる確率が少なくなりました。

大手企業のグループ傘下に入った

現在、大手銀行グループの傘下に入っている消費者金融がいくつかあります。CMや広告でよく見る企業は大手傘下のグループに入っていることが多いです。例えばプロミスは、SMBC(三井住友銀行)グループの傘下です。

 

銀行といえば、普段から預貯金口座で利用するなど、身近な存在であり日頃から利用しております。銀行グループの傘下に入ることで安心感が生まれ、イメージアップにつながっているメリットがあるのかもしれません。さらに大手グループのイメージも壊すことができないため、より安心安全に利用できるようになっております。